スイッチング電源

16   25   50   75   All  

スイッチング電源とは何?

スイッチング電源は、高効率と小型化を目指して設計されています。スイッチングレギュレータが組み込まれて、電力を効率的に変換します。スイッチング DC 電源は、パルス幅変調 (PWM) と呼ばれるプロセスによって出力電圧を調整します。PWM を使用すると、出力電力要件に応じて、バック、ブースト、フォワード コンバータ、ハーフブリッジ整流器、またはフライバックなどのさまざまなトポロジーを使用できます。PWM プロセスは、高周波ノイズを生成しますが、スイッチング電源を非常に高い電力効率と小さなフォームファクターで構築することを可能にします。優れた設計により、スイッチング電源は、優れた負荷およびライン レギュレーションを実現できます。入力電圧をステップアップ、またはステップダウンして、目的の出力電圧を得ることができます。スイッチング電源は、スイッチングトランジスタがスイッチとして動作するときにほとんど電力を消費しないため、リニア レギュレータよりも効率が高くなります。ただし、この切り替えによってノイズが発生する可能性がありますが、これはフィルタリングによって下げることができます。

機器が国際的に使用される場合、スイッチング技術は世界中のほぼどこでも機能しますが、リニア電源は外国の送電網で動作するように手動で調整する必要があります。スイッチング電源を好むその他のアプリケーションの例としては、研究開発、製造、およびテスト、高電力/高電流アプリケーション、一部の通信システム、移動局、一部のネットワーク機器、電気めっき、陽極酸化、電鋳、電気泳動、電気分解、廃棄物処理、水素発生器、燃料電池アプリケーション、DC モーター、航空、 および船上/ボート用途で使用されます。
スイッチング電源 の評価 . 口コミ