Category

ステッピングモータードライバを搭載することについて注意事項 skysmotor.com

警告:ステッピングモータードライバを搭載する時に、まずモーターの電源を閉めたのを確認して!ドライバを通電しいて、モーターを切ない。モーターのワイヤが地上また電源上を入れないをことおすすめる。

四線モーターはしか一つの方式を連接しない。 

六線モーターは2つの方式を連接することができる。直列とセンタータップという方式を含む。直列の模式で、モーターは低速なら、動きはより大きなモーメントを持って、センタータップで快速に動くようにならない。直列が動く時に、過熱を避けるため、モーターはセンタータップ電流の30%を超えなければならない。

八線モーターは2つの方式を連接することができる。直列と並列という方式を含む。直列の模式で、モーターは低速では、動きはより大きなモーメントを持っているが、高速では小さいモーメントを持っている。直列が動く時に、過熱を避けるため、モーターはセンタータップ電流の50%を超えなければならない。

普通なステッピングモーターはオープンループ制御用ができる。すなわち、ドライバの信号輸入端を通して、パルス数量と頻度を輸入して、ステッピングモーターの角度と点度の制御を実現することには信号をフィードバックするの必要がない。しかし、ステッピングモーターは長い時間で同方向へ動く場合を適切しない。そうすれば、産品から焼けられやすい。だから、ステッピングモーターを使用する時に、短距離から頻繁に動いたほうがいい。

 


前の編:BLDCモーターの特徴について
次の編:ステッピングモーターの変位現象には以下の解決策がある
No reviews
お客様からのレビュー ユーザー名:


E-mail:


レビュー内容:
レビュー等級: