Category

クローズドループステッピングドライバーに関すること skysmotor.com

 

 ステッピングモーターには大きく分けてオープンループコントロールとクローズドループコントロール二種類があります。今CNCと3Dプリンターなど、広く採用されているステッピングモーターはオープンループコントロールです。オープンループコントロールとは「やりっぱなし」とも言い換える事があり、例えばモーションコントローラーがモーター軸に対して40度回転させる信号を出した場合、モーターは軸を40度回転させるのが正常です。しかしながら、途中で何かに引っかかってしまうと20度で停止するかもしれません。逆に慣性によって回りすぎて60度で停止するかもしれません。これがステッピングモーターの脱調です。対してクローズドループコントロールとはエンコーダーが取り付いており、常にモーターの角度を監視しています。クローズドループステッピングドライバーはこのフィードバックを受けてモーションコントローラの信号と一致するよう、引っかかりに対しては回転力を増やし、行き過ぎに対してはブレーキを掛けます。

 
 

 


前の編:ステッピングモータはサーボモータと違う?
次の編:トルク特性
No reviews
お客様からのレビュー ユーザー名:


E-mail:


レビュー内容:
レビュー等級: