サーボモータ

サーボモータ

16   25   50   75   All  
おすすめ順   最新の商品   価格が安い順   価格が高い順
サーボモーターは、角度または線形の位置、速度、および加速度を正確に制御できるロータリーアクチュエーターです。それらのサイズとエネルギー効率により、ロボット工学、RC玩具などの多くのアプリケーションに適しています。
サーボソリューションとシステムは、システムを完成させるためのサーボドライバーによる位置フィードバック用のセンサーに結合されたモーターで構成されています。ドライバーはフィードバックセンサーを使用して、モーターの回転位置を正確に制御します。

サーボモーターのタイプ:


サーボモーターには、ブラシとブラシレスの2つの主要なタイプがあります。どちらのサーボモータータイプも、連続トルク範囲とピークトルク範囲で動作します。ピークトルクは連続トルクよりもはるかに高くなる可能性がありますが、達成できるのは短時間のみです。比較すると、サーボモーターの通常の動作中、連続トルクに達することができます。
ブラシサーボモーター:古いテクノロジーは簡単なモーター制御で動作できます。例えば:2相サーボドライバーや4相サーボドライバー。しかし、メンテナンスが必要な部品(グラフィックまたは精密金属ブラシ)が要ります。今日の推奨サーボモーターはブラシレスです。これは通常、ホールセンサーなどのプライマリフィードバックデバイスを使用して行われます。ブラシレスサーボモーターには通常、エンコーダーまたはレゾルバがあります。位置/速度の両方を制御する正確な位置フィードバックに適用します。
ブラシレスサーボモーター:ブラシレスサーボモーターは、回転式、リニア、またはフレームレス構造にすることができます。それらは非常に簡単なモーションを実行することも、非常に動的な要件で使用することもできます。アプリケーションには、ロボット工学、CNC機械、レーザー切断、パッケージング、印刷、マテリアルハンドリング、およびその他の多くの自動製造プロセスが含まれます。ブラシレスサーボモーターにはコンポーネントのメンテナンスはありませんが、モーターを電子的に交換できるサーボドライバーが必要です。

サーボモーターとステッピングモーターの違いは何ですか?


サーボモーターは、ステッピングモーターの高性能代替品としてよく使用されます。比較すると、ステッピングモーターは、その動きがステップと方向の信号からの出力ステップに基づいているため、位置を制御する固有の機能を備えています。これにより、ステッピングモーターをフィードバックデバイスなしで開ループ位置制御アプリケーションで使用できます。これは、ステッピングドライバーからの信号が、シャフトの1回転あたりに回転するステップ数と方向を指定しているためです。ただし、ステッピングモーターは、トルク容量の範囲内にある負荷しか駆動できないため、位置フィードバックがないため、パフォーマンスが制限されます。閉ループフィードバックがない場合、負荷の下での脱調はポジショニングエラーまたはストール状態が発生します。さらに、負荷とモーターの慣性のマッチングは、ステッピングモーターを使用する場合は絶対に重要ですが、サーボモーターを使用する場合はそれほど重要ではありません。

Skysmotorは日本全国にサーボモーターを供給しています。製品リストにお客様に適した製品がない場合は、ウェブサイトまたは電子メールでお問い合わせください。サーボモーターのカスタマイズサービスも受け付けています。
サーボモータ の評価 . 口コミ