Category

ステッピングモーターの変位現象には以下の解決策がある skysmotor.com

1.普通なステッピングモータドライバは方向とパルス信号に要求がある。例えば、方向信号は最初なパルスの上昇沿線また下降沿線(異なるドライバの要求も違う)が来る前に数秒に確認される。そうなければ、あるパルは動く角度が実際的な転向と相反であれ、最後な現象は動けば動くほど離れ、細分が小さいほど明らかである。解決方法は主にソフトウエアでバルスのロジックを改変するまた時間を加える。

2.ステッピングモーターの特徴から初速度があまり高くない。特にステッピングモーターの荷重の慣性質量が大きい場合で初速度は1r/s以下を提案し、そうすれば、衝撃も小さくなる。加速度が大きすぎるならシステムには衝撃も大きくなり、行過ぎ量になりやすい。その結果は定位が不正確になり、モーターの正転と反転の間に一定の一時停止時間がなければ、逆方向の加速度が大きすぎて沖突を引き起こす。

3.実際な場合によって、被補償パラメーター値から調整される。(タイミングベルトの弾性が大きいから、方向に改変される時に一定の補償を加えることは必要がある。)

4.モータの電流を適当に大きくする。ドライバの電圧を高め(ステッピングモータードライバを選択することに気をする)、大きいネジリモーメントを選んだほうがいい。

5.システムの干渉からコントローラまたドライバの誤操作を引き起こすことに、私達は干渉源を探す、干渉能力を下げ(例えば、遮断や間隔距離などを広める)、伝播経路を切り、自身の耐干渉能力を高めるできるだけ。

以下の常用措置:

1)紋羽二重シールドラインは普通なリード線を代替し、システムの信号線は大電流あるいは大電圧リード線をリード線を替え、電磁の干渉能力を下げる。

2)電源フィルタでグリッドシステムから干渉波を濾す。条件のもとで、電気設備の輸入端が電源フィルタを加えるために、システムの各設備の干渉を下げる。

3)設備の間は光電子アイソレーターで信号を伝送する。もしよければ、パルスと方向信号は差分方式と光電子アイソレーターで信号を輸入している。感性荷重の両端(例えば電磁リレーや電磁弁など)では抵抗キャパシタンス吸収また快速なリーク電路を加え、動く頻度が20KHZ以上を達したら、感性荷重は最初からそっと10~100倍のスパイク電圧に発生する。

6. ソフトウエアには故障許容処理をやり、干渉から影響を消除する。


前の編:ステッピングモータードライバを搭載することについて注意事項
No reviews
お客様からのレビュー ユーザー名:


E-mail:


レビュー内容:
レビュー等級: