三相複合形ステッピングモータの細分制御原理について

ステッピングモーターの細分制御は本質からステッピングモーターの固定子ワインディングの電流に制御することで、ステッピンッグモーターの内部の合成磁場がある要求によって変化し、ステッピンッグモーターのスッテプ角の細分を実現している。一般的な場合で、合成磁場のベクトルの振幅はモータの回転トルクの大小を決め、隣の合成磁場のベクトルの夾角の大小はステップ角の大小を決める。モータ中では均質で円形な回転磁場、各相ワインディングの合成磁場のベクトルを発生される。これは各相ワインディングは正弦電流を通すこと必要がある。

複合形ステッピングモータは永久磁気式と反応式の長所を合わせる。三相複合形ステッピングモータの働く原理は回転子の永久磁気磁石が高磁気という特性を持っているレアアース永久磁気の材料である。そのため、回転子から発生される感応電流は回転子の磁場に影響が無視できる。

仕組みから言えば、三相複合形ステッピングモータは多極対数の交流永久磁気の同期のモータに当たる。輸入する三相正弦電流だからこそ、発生した空間磁場が円形を呈し、永久磁気の同期のモータの仕組み模型を通して三相複合形ステッピングモータのトルクの特性を分析している。

a.モータの固定子の三相ワインディングは完全な対称である;

b.磁気飽和、渦巻きと鉄芯磨損のように無視できる;

C.励磁電流は動態に応じる過程がない。

三相複合形ステッピングモータの駆動システム中で、入力した220V交流は整流を通す直流になり、パルス同期変調技術によって三路段階式な正弦波形電流になる。正弦波形電流は固定なタイミングによってそれぞれ三路ワインディングを通し、ドライバから輸出する正弦電流の周波数を変わることによってモータの回転速度を改変する。輸出の段階数量がステップごとに回転した角度を確認し、角度が小さいほど段階数量が多い。もちろん、ステッピングモーターは回転する時に、モータの各相ワインディングのインダクタンスが逆起電力を形成してい、周波数が高いほど、逆起電力が大きい。逆起電力の作用で、モータは周波数(また速度)の増大につれて電流が小さくなり、トルクも下がる。

三相複合形ステッピングモータは三相ワインディングがスター形状また三角形を連接する。電路の基本な定理によって、三相電流の和はゼロである。すなわちIU+IV+IW=0だ。だから、発生した二相ワインディングから給定信号を通して第三層ワインディングの給定信号が得られる。