Category

ステッピングモーターは発熱の原因と影響 skysmotor.com

1.モータは発熱の原因

私達は見たいろいろなモータの内部がコア、ワインディングとコイルがある。ワインディングは電気抵抗があるので、通電時に損失が生じる。損失の大小は電気抵抗と電流の平方と比例し、それは銅損と呼ばれる。もし電流は標準な直流あるいは正弦波ではなく、また高調波という損失が生じる;コアは磁気ヒステリシス渦巻き反応があり、交変な磁場で損失も生じる。コアは大小、材料、電流、周波数、電波と関係があり、鉄損と言う。

銅損と鉄損は発熱という形式から表れ、モータの効率に影響する。ステッピングモーター波定位精度とトルク輸出を追求し、効率が悪く、電流が大きく、高調波の成分が高い。電流の交変の周波数も回転速度につれて変化をする。ステッピングモーターは発熱をすることが多く、一般的な交流のモータより厳しい。

2.ステッピングモーターは発熱の合理範囲

モータは許される発熱の程度がモータの内部の絶縁等級による。内部の絶縁性能波高温(130度以上)で破壊される。だから、内部が130度を超えないと、モータも損害されない。その時の表面な温度は90度以下にある。そのため、ステッピングモーターの表面な温度は70度から80度まで正常だ。簡単的方法は温度計で測量し、大まかに判断していく:手で1―2秒以上に触れることができ、60度を超えない;手ですぐに触れると引っ込んたら、70―80度にある;水を垂らすとすぐにガスになり、90度以上にある。

3.ステッピングモーターの発熱は速度につれて変化する場合:

定電流駆動技術を採用し、ステッピングモーターは静態と低速の下で、電流が恒常を維持し、定トルクの輸出を保持している。速度がある程度に達する時に、モータの内部の反ポテンシャルが高ま、電流がだんだん下が、トルクも下がる。だから、銅損から発熱する場合は速度に関係にある。静態と低速では発熱が高く、高速では発熱が低い。でも、鉄損(比例が小さい)の変化の場合は違い、モータの発熱が温度と速度の和だので、上記は一般的だ。

4発熱から影響:

モータの発熱はモータの寿命に影響しないが、厳しい時に消極的な影響をもたらす。例えば、ステッピングモーターの各部分の熱膨張係数の不同は結構応力の変化と内部空気隙間の微小な変化をして、ステッピングモーターの動態特性に影響できて、高速も脱調しやすい。ある場合では、ステッピングモーターをひどく発熱されることが許されない。医療器械と高精度のテスト設備のようだ。だから、ステッピングモーターの発熱に必要に控える。


前の編:ステッピングモーターは発熱する原因と分析
No reviews
お客様からのレビュー ユーザー名:


E-mail:


レビュー内容:
レビュー等級: